カスタムできる面白さ。


今回のリノベーション案件ではお施主さんのご希望で彫金作業のスペースを作ることになっておりまして。。

キッチンやタイル、照明計画など細かいところにもかなり時間を使いましたが、一番変更が多かったのが、コチラ作業ブースです。

でどのようになったかというと。。

houseKdesk

毎度おなじみ有孔パネル、シナべニア素地です。
木目の風合いがなじみやすいのと、数多くの道具を掛けたり、場合によっては金物打ち付けたりとカスタマイズの余地が必要だったので、有無を言わさずこのチョイスでした。

こういう用途の空間で作りこんではいけませんので、かなりざっくり作業机とデザイン用机を複合した家具のみをデザインしています。

使い込まれた3年後くらいが楽しみだったりします。

Previous post
Next post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing